東京都柔道連盟

menu close
お問い合わせ
柔道の魅力

競技力向上委員会

競技力向上委員会

委員会の目標

委員会規程にある通り、柔道の普及発展を図るとともに、選手の育成に努めることを目標に、それらを遂行するために以下の3つを大きな柱とする。


  • ・東京都における青少年の体力増進を図るとともに、競技者の競技力の向上をはかること。

  • ・各種大会に派遣する選手、監督、コーチを推薦すること。

  • ・優秀選手の育成および健康管理。


また、柔道界全体の問題である柔道人口の拡大のため、競技に特化するのではなく

指導の在り方を見直していく。

目標に向けた計画

強化練習会・国体練習会を計画し、成年・少年ともに底上げを図る。

現在の柔道界の大きな問題として、柔道人口の減少があり、特に中学生・高校生の減少幅が大きい。柔道部のない中学校や高校も多くあり、行政に関わる問題点もあるが、まずは、指導の在り方を抜本的に見直す必要がある。伝統を踏まえつつ、楽しい柔道を目指し、強いだけの柔道ではなく、楽しみながらできる柔道の拡大を目指していきたい。

 

委員

委員長
岩渕 公一

副委員長 

道場 良久・大森 淳司

 

委員

小橋 秀規・行徳 祐二・日浦 慎司・杉本 美香

関口 幸三酒井 健弥古矢 彰浩高橋 

上村 凜歩松本 あゆみ鈴木 孝之手島 和洋

千品 洋一中野 謙介前瀧 大吾

 

PAGE TOP