主要大会の結果
主要大会の要項

第26回 マルちゃん杯関東少年柔道大会
平成28年7月3日(日)9時00開会式
於 東京武道館

大会要項は こちら

結果(小学生の部)は こちら
結果(中学生男子の部)は こちら
結果(中学生女子の部)は こちら

       (Acrobat Readerが必要です 。)


第26回 マルちゃん杯関東少年柔道大会

梅雨真っ只中でありながら当日の気温は今年一番を記録する暑さの中、東京武道館において第26回マルちゃん杯関東少年柔道大会が開催された。この大会は9月19日(月・祝)に行われるマルちゃん杯全日本少年柔道大会への出場権がかかっており、小学生、中学生男子、中学生女子とそれぞれ1回戦から白熱した試合が展開された。 中学生女子の部では、新井道場(埼玉)と東松山北中学校(埼玉)という同県同士の決勝となり、東松山北中学校が昨年度2位の雪辱を果たした。 中学生男子の部は、国士舘中学校(東京)と埼玉栄中学校(埼玉)の昨年の決勝と同カードとなった。体重差のある前半をしのいで引き分けに持ち込んだ埼玉栄が大将山野井選手の一本勝ちで昨年のリベンジと関東マルちゃん初優勝を果たした。 少年の部は、昨年度優勝の朝飛道場(神奈川)と同3位の松前柔道塾(東京)の決勝となった。寝技を巧みに駆使した朝飛道場が勝利し、2度目の3連覇を果たした。 上記チームに加え(小学生の部)明心館関本道場(千葉)、古賀塾(神奈川)、つくばユナイテッド柔道(茨城)、新田柔道スポーツ少年団(群馬)、春日柔道クラブ(東京)、力善柔道クラブ(茨城)の計8チーム、(中学生男子の部)新井道場(埼玉)、松前柔道塾(東京)、春日柔道クラブ(東京)、國學院大學栃木中学校(栃木)、東海大学付属相模中学校(神奈川)、いすみ市立大原中学校(千葉)、大胡柔道スポーツ少年団(群馬)、山武成柔会(千葉)、市川市立第七中学校(千葉)、朝飛道場(神奈川)の計12チーム、(中学生女子の部)朝飛道場(神奈川)、渋谷教育学園渋谷中学校(東京)の計4チームが全日本マルちゃんの出場権を獲得した。本戦での活躍を大いに期待する。(広報委員 瀧澤雅彦)