主要大会の結果

平成30年 東京都柔道選手権大会
(全日本柔道選手権大会東京都予選会)

平成30年 東京都女子柔道選手権大会
(全日本女子柔道選手権大会東京都予選会)

平成30年3月11日(日)
於 東京武道館

   要項(男子)は こちら
     (女子)は こちら

   結果(男子)は こちら
     (女子)は こちら

   代表選手一覧は こちら

(Acrobat Readerが必要です。)


平成30年 東京都柔道選手権大会 ・ 東京都女子柔道選手権大会
 平成30年3月11日(日)、東京武道館において東京都柔道選手権大会(兼、全日本柔道選手権大会東京都予選会)・東京都女子柔道選手権大会(兼、全日本女子柔道選手権大会東京都予選会)が開催された。優勝した原沢久喜選手(日本中央競馬会)と稲森奈見選手(三井住友海上火災保険(株))、全日本選手権初出場を決めた木元拓人選手(日本大学)の3名に抱負を語ってもらった。

原沢選手
 国内大会2連戦(全日本選抜、全日本選手権)と気の抜けない戦いになるので、しっかりと勝ち切って
 世界選手権の代表を手に入れたい。
稲森選手
 (全日本女子選手権は)まだ一度も優勝したことがない大会なので、優勝を目指して頑張りたい。
木元選手
 ずっと憧れの大会だったので、全力を尽くして結果を残せるように1試合1試合頑張る。

 また、女子の入賞選手には「アスリートがみたアスリート」というテーマで、先日行われたピョンチャン・オリンピックで印象に残った選手とその理由・場面などを尋ねた。

稲森選手:羽生選手・本番でしっかりコンディションを整えられるところ
後藤選手:羽生選手・怪我をしてもプラスに向けられるところ
西田選手:宇野選手・試合を楽しめるところ
西願寺選手:高木選手(姉妹)・自分も姉がいるので姉妹で活躍したところ
小野選手:羽生選手・プレッシャーに勝てるところ
梅津選手:小平選手・金メダルをとった喜びが感じられたところ
大住選手:高木菜選手・マススケートの戦術の組み立て方

なお、試合結果については公式記録をご参照ください。     (広報委員会委員 大坪・金持)