主要大会の結果
主要大会の要項

平成29年 東京都柔道選手権大会
(全日本柔道選手権大会東京都予選会)

平成29年 東京都女子柔道選手権大会
(全日本女子柔道選手権大会東京都予選会)

平成29年3月5日(日)
於 東京武道館

   要項(男子)は こちら
     (女子)は こちら

   結果(男子)は こちら
     (女子)は こちら

   代表選手一覧は こちら

(Acrobat Readerが必要です。)


平成29年 東京都柔道選手権大会 ・ 東京都女子柔道選手権大会
 平成29年3月5日(日)、東京武道館において平成29年東京都柔道選手権大会(兼、全日本柔道選手権大会東京都予選会)、東京都女子柔道選手権大会(兼、全日本女子柔道選手権大会東京都予選会)が開催された。春の温かさを感じられた大会当日、男子選手137名、女子選手72名が一回戦から熱い試合を展開した。 準決勝・第一試合、駒を進めたのは小川雄勢(明治大)と丸山剛毅(パーク24(株))だった。試合は、十分な組み手をとって終始前へ出た小川が、大内刈で技有を奪ってそのまま縦四方固に抑え、合せ技一本で危なげなく決勝へ駒を進めた。 準決勝・第二試合は、香川大吾(東海大)と後藤隆太郎(慶應大)が顔を合わせた。香川は、積極的に攻めて3分52秒、見事な払腰で一本。決勝へ進出した。 決勝は、小川と香川の学生同士の対戦となった。試合は互いに組み合うものの、両者ともに積極的に技を掛けられず、膠着状態が続いた。この均衡を破ろうと香川の方が先に技を施し、小川が後の先に返すというような流れが続いたが、互いに勝敗が見えぬまま判定へ。旗は赤に3本上がり、小川雄勢の初優勝となった。 全日本柔道選手権大会の東京都代表選手の健闘を祈りたい。 (広報委員 金持 拓身)

 女子準決勝戦は、第5試合場で吉村静織対冨田若春の試合になった。互いに背負投を出すも、一進一退で判定勝負となり、最後は赤旗3本で吉村の勝利。第6試合場では稲森奈見対高山莉加の試合。足技を出し合うも、決定的なポイントは無く、こちらも判定の結果、赤旗三本で稲森の勝ち。  続いて、決勝戦が行われた。稲森は右、好村は左のケンカ四つ。釣り手は取り合うものの、引手が取れず、互いに様子見の展開が続く。1分半が過ぎたところ、稲森が内股で技有りを取り、そのまま抑え込んで合わせて一本。女子全体としては、各試合が順調に進行し、穏やかな流れで終了したように感じた。なお、全日本選手権での更なる活躍を期待したい。  (広報副委員長 大坪 宏至)