主要大会の要項
主要大会の結果

第63回 東京都24地区対抗柔道大会
第2回 東京都6地区対抗女子柔道大会
平成30年12月16日(日)
於 講道館


  要項 24地区は  こちら
     6地区女子は こちら
  記録 24地区は  こちら
     6地区女子は こちら

(Acrobat Readerが必要です。)


「平成から新たな時代へ」
 第63回東京都24地区対抗柔道大会及び第2回東京都6地区対抗女子柔道大会が講道館7階大道場で行われた。
 昨年もこの大会の記事を書いた。そこでは、柔道観戦をしたことがない方々に、柔道団体戦のルール説明とその魅力について述べた。気のせいか、8階の観客席には昨年よりも多くの人が応援に来たように感じられた。来場者たちは団体戦の楽しみを大いに味わったことだろう。
 さて、来年は元号が変わる。本日は平成最後の大会となった。そこで、平成の優勝記録を振り返ってみる。24地区大会は平成7年(第40回)から、1部と2部に分かれた。平成7年から30年までの1部・2部各部の優勝チームをまとめてみる。
 1部では世田谷区が18回、豊島区が3回、三多摩・千代田区・大田区が1回、2部では板橋区・北区・千代田区が3回、練馬区・目黒区が2回、台東区・品川区・港区・三多摩・荒川区・江戸川区・豊島区・文京区・墨田区・大田区・足立区が1回だった。
 本日、平成30年大会は、1部で世田谷区、2部で足立区の優勝で締めくくられた。昨年から始まった6地区対抗女子は、昨年は城南地区、本年は城東地区の優勝だった。来年からの新たな時代での熱戦に期待する。なお、閉会式では、寿齢者表彰式もあった。関係者の方々の長寿をお祈りする。
 ところで、まもなく冬至である。ある地方では冬至に「ン」のつく食べ物を7種類以上食べると運を呼ぶと言われている。ダイコン、ミカン、レンコン、キンカン、ギンナン、リンゴ、タクアン、ウドン、(ニホンシュ、ワインは違うかも)・・・。今日は「ン」のつく試合を7つ以上見ることができた。どれも立派な「イッポン」だった。来年はいい年になるに違いない。   (広報副委員長 大坪宏至)

 24地区第1部 9連覇!! 世田谷区
 6地区対抗女子 優勝 城東地区  24地区第2部 優勝 足立区
寿齢者表彰式