主要大会の結果

平成30年度
東京都ジュニア柔道体重別選手権大会

兼、JOC ジュニアオリンピックカップ
平成30年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会東京都予選会

平成30年7月8日(日)開会式9時30分
於 東京武道館

  要項は こちら
  結果は 男子
      女子
      成績上位者

(Acrobat Readerが必要です。)


「短冊に願いを込めて」
 サッカーW杯も佳境に入りベスト4が出そろった。強豪チームのひしめく中、日本代表もベスト16まで残り大いに盛り上がった。ベテラン選手の活躍は素晴らしかった。ところで、フランスの出場選手の平均年齢は25.1歳だという。それに比較すると日本の若手選手の出場機会が少なかったことを残念に感じた。柔道では、若手選手の台頭を期待したい。
 さて、7月8日(日)、東京武道館にて東京都ジュニア柔道体重別選手権大会が開催された。ほとばしる若いエネルギーがぶつかり合い、熱戦がくりひろげられた。注目されていた斉藤立選手は、男子100kg超級で優勝し、その強さは初戦から安定していた。
 全655試合の結果は別掲のとおりである。
 折しも大会前日は七夕だった。会場の東京武道館にも笹が飾られ、夢の記された短冊が風に揺れていた。ジュニアの選手たちは将来世界で活躍することを目指し、七夕の短冊に夢を記したことだろう。全日本ジュニアへの出場が決まった代表選手達には、是非とも短冊の夢をかなえて欲しいものである。  (広報副委員長 大坪宏至)

** 写真掲載準備中 **