主要大会の結果

平成29年度
マルちゃん杯全日本少年柔道大会

平成29年9月24日(日)午前9時30分 開始
於 東京武道館(綾瀬)

 要項は こちら
 結果  小学生中学生男子中学生女子
     優秀選手

(Acrobat Readerが必要です。)


 本大会は、中学生男子、中学生女子、小学生、それぞれの団体日本一を決める大会である。間違いなく将来の柔道界を背負って立つ少年少女たちの晴れ舞台であり、日頃の練習の成果を遺憾なく発揮できる試合だ。本大会に先立って、全国7地区で地区予選があり、そこで勝ち抜いてきた代表チームによって試合が行われる。チームは、中学生男子と小学生は5人、中学生女子は3人編成である。試合前には、ブタペスト世界選手権大会で金メダルを獲得した男子60kg級の高藤直寿選手と女子48kg級の渡名喜風南選手による得意技の披露と選手への激励、選手からの質問コーナーもあり、選手たちのモチベーションも一気に高まった様子。試合は、さすがに地区を代表する選手たちの戦いとあって、1回戦から大変白熱した試合が繰り広げられた。ルールが激変していく中で、選手も指導者も質の高い心身のコントロールが必要とされると思うが、大きな混乱もなく試合を終えた。決勝戦は、3部門とも大将戦まで勝敗が決さない緊迫した試合であった。この年齢とは思えないほどの子供たちの振る舞いや活躍をみていると、未来に期待せずにはいられない。今後の選手たちの益々の精進が楽しみである。  (東京都柔道連盟広報副委員長 内山雅人)